1. »
  2. 会社概要/沿革

会社概要/沿革

マチダコーポレーションの前身・町田製糸工場が誕生したのは、1910年のことでした。 織物製造を経て、1956年に建築の一翼をになう建築ブロック製造に業務転換し、 その後、着実な業績を積み上げ、総合エクステリア企業として業務範囲を広げ、業界屈指の企業として基盤を固めてきました。

現在、当社の製品は全国へと広がり、遠く世界の企業や団体とも関係を広げるなど、 生活環境を総合的にクリエイトする企業として、これからも飛躍していきたいと思います。

【エクステリアとは?】

「エクステリア」の対義語として、住宅や施設、建物の室内空間を示す「インテリア」が挙げられます。「インテリア」の方がメジャーな言葉のため、「インテリア=内部」に対して、「エクステリア=外部、外面、外観」と考えるとイメージしやすいかもしれません。住宅、施設、建物の外部つまり、一般住宅では庭・ガーデンや門扉、駐車場やカーポート、コンクリートブロック塀、フェンス、物置、ポストや表札など、家の外部を構成するあらゆる物が「エクステリア」のアイテムにあたります。公共施設や建物の外部といえば、エントランス、エントランスまでのアプローチ(通路など)、共有スペースや植栽などがあります。建物を一歩外に出た外部空間は、エクステリア空間と言えるのです。

会社概要

company01company02company03company03
名称 :
マチダコーポレーション株式会社
syasyo
代表者:
代表取締役社長 町田憲昭
創立 :
昭和31年4月1日
資本金:
2,200万円
本社 :
群馬県前橋市駒形町618番地
TEL  :
027-266-1211(代表)
従業員数:
200名(H24.8.1)
取引銀行:
群馬銀行本店営業部
日本政策金融公庫 前橋支店
しののめ信用金庫 前橋営業部
商工組合中央金庫 前橋支店
東和銀行 本店営業部
りそな銀行 前橋支店
営業品目:
建築用コンクリートブロック
化粧ブロック
インターロッキングブロック
舗装用コンクリートブロック
擁壁用コンクリートブロック
レンガ材
石材
外装材
エクステリア製品全般
関連会社:
マチダマーケティング株式会社
マチダトランサービス株式会社
ザウス株式会社

沿革

1910年(明治43年)
町田製糸工場が群馬県前橋市下小出町にて創業(創業者町田留吉)
1933年(昭和8年) 
町田織物工場開始 町田篤次郎が継承
1947年(昭和22年)
町田織物株式会社として設立
1956年(昭和31年)
4月 コンクリートブロックの製造開始
1958年(昭和33年)
1月 東京都荒川区に最初の営業拠点  東京営業所を開設  以後 支店展開
1962年(昭和37年)
4月  町田産業株式会社に改称 現本社地 群馬県前橋市駒形町618番地に移転
1967年(昭和42年)
10月  本社工場が日本工業規格(JIS)表示認定工場となる JIS A 5406(A種・C種)
1975年(昭和50年)
8月   群馬県伊勢崎市富塚町に伊勢崎工場を新設 大型化粧ブロック(ノーブルトンシリーズ)の
製造開始
1977年(昭和52年)
1月  伊勢崎工場が日本工業規格(JIS)表示認定工場となる。JIS A 5406(B種・C種防水)
1979年(昭和54年)
4月  町田錦一郎が2代目社長に就任
1981年(昭和56年)
10月 本社工場が日本工業規格(JIS)表示の追加認定を受け。JIS A 5406(B種・C種防水)
1983年(昭和58年)
6月  エクステリア(金物)商品の販売開始
1985年(昭和60年)
11月  住友セメントのインターロッキングブロックの製造開始
1989年(平成元年)
アメリカ合衆国シカゴ駐在員事務所を開設
1990年(平成2年)
ACI社(イギリス)と技術提携 本社工場でエバーストーン(外装材)の製造開始
10月  マチダコーポレーション株式会社に社名変更
1991年(平成3年)
中国上海市建築材料工業管理局と技術交流協定を締結。
上海駐在員事務所を開設
インペリアル100が通産省(現 経済産業省)グッドデザイン商品に選定される
1993年(平成5年)
群馬県伊勢崎市宮子町に宮子工場を新設
1995年(平成7年)
本社工場でSP.フルート(現 リブロシリーズ)の製造開始
1996年(平成8年)
ストーンセレクト(アメリカICD社から技術導入した擁壁用コンクリートブロック)の製造開始
1997年(平成9年) 
埼玉県南埼玉郡白岡町(現 白岡市)に白岡事業所・白岡工場を新設
白岡工場が日本工業規格(JIS)表示認定工場となる
1998年(平成10年) 
ストーンセレクト・クラフトストーンペーバーが景観材料推進協議会より優良景観材料推奨品に選定される
2000年(平成12年)
エコペイブシリーズ4製品が(財)日本環境協会エコマーク事務局よりエコマーク商品に認定される
11月 ストーンセレクト補強土壁が(財)土木研究センターより土木系材料技術・技術審査証明を取得
2001年(平成13年)
エコフェニックスインターが(財)日本環境協会エコマーク事務局よりエコマーク商品に認定される
10月 ISO9001:2000を業界で初めてすべての工場・支店で認証取得
2002年(平成14年)
EPSインターが景観材料推進協議会より優良景観材料推奨品に選定される
2005年(平成17年)
7月 滋賀県米原市上野に伊吹工場を新設
2006年(平成18年)
ジュエルが経済産業省 グッドデザイン商品に選定される4月  サスティナブルコート(先進防汚技術)を発表
2008年(平成20年)
4月  アルティマテクノロジー(CO₂排出量削減技術)を発表
2011年(平成23年)
7月  町田篤が3代目社長に就任
2014年(平成26年)
4月 町田憲昭が4代目社長に就任
町田憲昭が関連会社2社(マチダグレンマックス株式会社・ニシキ運輸機工株式会社)の社長に就任
10月 関連会社・ニシキ運輸機工株式会社(運送・車両整備・各種保険取扱事業)をマチダトランサービス株式会社に社名変更

デザイン関係受賞歴

1991年(平成3年)
インペリアル100システム[経済産業省 グッドデザイン商品]
1993年(平成5年)
フィールドブリック[群馬県 グッドデザインぐんま商品]
1995年(平成7年)
クラフトストーンペーバー[群馬県 グッドデザインぐんま商品]
1996年(平成8年)
ストーンセレクト[群馬県 グッドデザインぐんま商品]
1997年(平成9年)
スーパーブリック[群馬県 グッドデザインぐんま商品]
1998年(平成10年)
ストーンセレクト[(社)日本建材産業協会 景観材料推進協議会 優良景観材料推奨品]
クラフトストーンペーバー[(社) 日本建材産業協会 景観材料推進協議会 優良景観材料推奨品]
2002年(平成14年)
EPSインター[日本建材産業協会 景観材料推進協議会 優良景観材料推奨品]
2006年(平成18年)
ジュエル[経済産業省 グッドデザイン商品]

エコマーク認定商品

2000年(平成12年)
エコボトルインター   [認定番号 第99109051号(廃ワイン瓶リサイクル60%)]
エコボトルインター透水 [認定番号 第99109052号(廃ワイン瓶リサイクル60%)]
エコリフレクトSインター[認定番号 第99109049号(廃ワイン瓶リサイクル60%)]
エコリフレクトCインター[認定番号 第99109050号(廃ワイン瓶リサイクル60%)]
2001年(平成13年)
エコフェニックスインター[認定番号 第00109046号(廃ワイン瓶リサイクル60%)]