1. »
  2. »
  3. 先輩社員インタビュー

先輩社員インタビュー

2
先輩社員インタビュー

営業本部グループリーダー 齊田益雄

現在の仕事内容を教えてください。

外構工事を行うハウスメーカー様や販売工事店様に対して、当社製品のブロック・石材・レンガを中心に、カーポート・門扉・サンルーム等のエクステリア商品の売り込みをしています。
住宅の着工件数が減少する中、競合会社も勢力を伸ばし厳しい時代になりましたが、今こそ営業の出番です。
新規顧客を開拓するのはもちろんですが、営業の大切な役割である「お客さまの抱える問題を解決する事」も重要です。
営業こそがお客さまに最も近く、お客さまを理解できる存在です。
お客さまの抱える問題を理解した上で、一緒に考え、解決方法を提案します。

仕事でなかなか芽が出なかった若い頃、自社製品の良さをPRするプロダクト・アウト(生産者視点)で営業活動していました。
しかし、マーケット・イン(顧客視点・ニーズ視点)を心掛けてお客さまにご提案するようになった時、徐々に結果が出始めたのです。

入社4年目から担当したお客さまの売上が2倍に増えた時、お客さまから頂いた言葉が今の私を支えています。
「君のおかげで売上を拡大することができたよ。本当にありがとう」
あの時の状況は、10年以上経った今でもはっきり思い出せます。

一日のタイムスケジュールを教えてください。

出社後15分間、社員全員で掃除をします。
営業は外出することが多いため、社員とコミュニケーションをとる貴重な時間です。
その後、お客さまからの注文を処理し、営業に出かけます。
日中は担当している販売工事店様やハウスメーカー様、時には現場調査をしながら営業活動をします。
そして夕方に戻り、その日の発注や見積もり報告書を作成し、翌日の段取りをしてから帰宅します。

なお、2015年4月まで、本社営業統轄部グループリーダー(GL)を務めておりました。
GLとしては、会社の方向方針を決める「業革会議」に出席します。
また、統括する営業一課二課の業績、今後の活動方針を監督しています。
2014年度は一課二課ともに予算を達成し安心しています。
営業本部のGLは、会社の業績にかかわる大切なポジションです。
権限を持つため責任を感じますが、非常にやりがいを感じています。

営業を選んだ理由は?

ずばり「人と接することが好き」だからです。
また、どの仕事よりも営業が一番自己成長できると思ったからです。

営業をしていて一番嬉しかったことは?

お客さまが当社の製品をお使いいただいて外構工事をされた後、「いい庭ができて良かった」と言われた時が一番嬉しかったです。
同じブロックでも、お庭のデザインによって顔色を変えます。
モダンなイメージ、クラシックなイメージ、華やかなイメージ…イメージ通り、イメージ以上の仕上りになったと言っていただける時は本当に嬉しいですね。

営業をしていて一番つらかったことは?

先ほどとは逆に、施工後に「イメージしていたのと違う」と言われてしまった時、マチダの製品にご満足いただけなかった時には本当につらいです。
理由は様々しっかり糧にし、次回同じご意見をいただかないよう注意しています。

現在のGLという立場に至るまでに工夫したことは?

常に勉強することです。競合会社に勝つためには差別化を図らなければなりません。
商品知識はもちろんですが、法令・経済論・会計・マーケティング等勉強することはたくさんあります。
「差別化の成長源泉は知識」です。

ここだけの話、齊田さんの「努力していること」を教えてください。

とにかく本を読みます。
朝起きてからの一時間を読書に充てています。
『知行合一』という言葉がありますが、知識は机上だけでなく、行動した結果得られるものです。
言葉を変えれば、失敗と成功の経験を蓄積することで知識として自分に植え付けています。

これはぜひ、入社間もない方に読んでいただきたいのですがサミュエル・スマイルズ著「自助論」という本に特に大きな影響を受けました。
人間の本質に迫っており、何度読んでも身に沁みます。この本に書かれている「時間に遅れる者は成功の列車に乗り遅れる」という言葉が好きで、
自分の子供にもよく言い聞かせています。

営業は個人戦なイメージ。上司や同期後輩など仲間に対してどう考えていますか?

営業の活動場所は主に客先であって、工場や事務所のように管理者や同僚互いに見える場所で行動しているわけではありません。
営業は任せられたテリトリーの中で、会社を代表する者として全権、全責任を負って一人で仕事をすることが要求されます。
しかし実際は営業事務、配送、企画との連携があってこそ売上が上がるものです。コミュニケーションをとりスムーズな受注活動ができるように心がけています。

また後輩に対してはやりがいを与えるようにしています。
重要なのは個々人のモチベーションを高めることです。
仕事の結果に差をもたらすのは能力もありますが、それ以上に熱意だからです。

個人的には、たまには後輩を誘って呑みにいきたいところですが、群馬県は車社会、なかなか気軽に飲みにいけないのが残念ですね。

将来の目標は?

会社を担うような社員となること。
営業マンとして数字にこだわることも大事ですが、それに加えて経営判断もできて業界を引っ張っていける仕事をすることが目標です。

座右の銘を教えてください。

座右の銘は「他人と過去は変えられない 自分と未来は変えられる」です。
他人を変えようとする前に、まずは自分変革をしなければなりません。
過去にこだわるよりもこれから起こる未来をよくする方が得策です。

どうしてマチダに入社しようと思ったのか?

「住まい」に関わる仕事で営業職を探していました。
群馬県はコンクリートブロック製造量全国ナンバーワンで地場産業であり、また自分の営業の成果が形に残るということもあり入社を決めました。

就活生へメッセージをお願いします!

就職活動で思い込みやきめつけをせずに、知らない世界にも目を向けることが重要だと思います。
企業がこれだけ情報を提供してくれるのは就職活動中だけですから。
また自分の10年後、20年後を想像してみるのもよいでしょう。
この会社で頑張る自分、幸せな家庭を築いている自分を想像できれば入社後も辛いことがあっても乗り越え成長できるはずです。
就職活動は自分と向き合う良い機会だと思います。
悩みや心配が多いですが、自分を信じてしっかり活動してください!

 

  • 1.私たちの想い
  • 2.先輩社員インタビュー
  • 3.マチダコーポレーションの一日
  • 4.働く人を支えるオフィスと制度
  • 5.よくある質問
  • 6.マチダで挑戦する