1. »
  2. »
  3. »
  4. 2/15(金)、1DAYインターンシップを実施しました

2/15(金)、1DAYインターンシップを実施しました

2月15日(金)、7名の学生さんにご参加いただいたインターンシップは、極寒で手がかじかむ中、ほっかいろを握りしめながらスタートしました。

今回のテーマは「実用的な就活スキルをGET!」してもらうこと。
単なる「職場体験」ではなく、就職活動に近い経験をしていただきたいと考え、
①業界研究ワーク
②企業研究ワーク
③自己分析ワーク
④適職発見ワーク
⑤模擬面接
の一連の流れをワークシートに沿って進めました。

 


 

①業界研究ワーク


学生に耳馴染みのない”エクステリア業界”についてご説明しました。
「エクステリアって何?」「どんな役割があるの?」
エクステリアは人々が心地良く暮らすためにとても重要な役割を果たしているんですよ。

 

続いて町田社長から、業界の歴史や今後の展望、マチダグループの経営方針や”大切にしていること”等をお話ししました。

実は、コンクリートブロック製造は群馬県が全国シェア1位!群馬の隠れた名産品です。
そのコンクリートブロック製造がどのような歴史をたどって発展したのか、今後のエクステリア業界はどうなるのか、またマチダはメーカーとしてどのような事に取組んでいるのか・・・

毎年、入社を希望する学生から「社長に惚れました!」という声を多数いただきます。どんな社長なのか会いたいという人は、ぜひ22日(金)の第2回にご参加ください!

 


 

②企業研究ワーク

  
群馬工場へ移動し、最新鋭の製造マシンを見学しました。製造マシンは規模も動作も大迫力。
固まっていないブロックを触った学生さんの驚いた表情が印象的でした。

 

ランチを挟んで先輩社員の座談会では、営業・事務・生産管理・研究開発から先輩社員を呼び、「仕事をする上で大切にしていること」など、テーマに沿ってトークをしました。
それぞれの職種の具体的な仕事内容や特徴がわかり、働くことのリアルが垣間見れた時間でした。

 


 

③自己分析ワーク・④適職発見ワーク
ワークシートを埋めながら学生時代の取り組みを思いだし、自分の強みを見つける時間としました。
適職発見チェックを行うと「あれ?自分にはこんな仕事が向いているんだ!」と、想定外の職種が適職と診断されたり、気付きが多かったようです。

 


 

⑤模擬面接
約10分間、ワークシートに基づいた簡単な質疑応答と、面接官からのフィードバックを行いました。
「面接の時はここに気を付けるともっと良いよ!」「面接官はこんな所を見ているよ」というポイントをお伝えし、学生からは「本番前に練習ができて良かった。家で復習します!」との声も聞こえました。

 

密度の濃いスケジュールながら、学生さんは皆さん意欲的に参加してくださり、とても有意義なインターンになりました。
3月から本格スタートする就職活動に、少しでも役立てていただけたら嬉しいです。

 

なお、今週22日(金)に1DAYインターンシップの第2回を開催します!
あと若干名ご予約可能です。ご都合つく方は、ぜひご参加ください。

>>> ご予約はこちら <<<